Mind

マズローの欲求5段階説をビジネスや人間関係に生かす

こんにちは。田渕です。

 

本日は田渕の心理学口座vol.1

「マズローの欲求5段階説」です。

 

結構聞きなれた方もいるんじゃないかと思います。

というのは高校の授業でも採用されたり、

大学の講義でも聞いたことがある人もいると思います。

 

 

ですが、

どうやってビジネスに生かすか、


どうやって実生活に生かすか、


どうやってコミュニケーションに生かすか

を考えたことはありますか。

 

 

どんな場合においても、「マズローの欲求5段階説」は、


人とかかわる場所においては使えるので


ぜひ意識してみるといいのでは、ということをお伝えしたいと思います。

 

 

マズローの欲求5段階説とは

 

では内容の解説を始めていきます。

このピラミッド、見たことありますか?

結構有名かもしれませんね。

 

 

ピラミッドの下から、

生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、尊厳の欲求、自己実現欲求。

 

と書いてあります。

 

 

これは下に書いてある欲求がみたされると、よりひとつ上の段階の欲求を欲する、


アブラハム・マズローというアメリカの心理学者の欲求段階説というものです。

一番下から始まり5段階になっています。

 

 

①生理的欲求とは

生きていくための本能的な欲求になります。

食べたい、寝たい、性欲も生理的欲求、本能的な欲求です。

 

 

砂漠で水を飲みたいとか、

3日間食べてないので食べたい

などが生理的欲求になります。

これが満たされると次の安全欲求になります。

 

 

②安全欲求とは

安全、安心な暮らしをしたい、

健康状態を保ちたいとか、

雨風を防ぐ家が欲しいとか

生理的欲求と伴って、基本的な欲求のひとつです。

 

 

常に危険な状況になっていると、

他の欲求が考えられなくなります。

生理的、安全欲求は最低限守らなければならないものになります。

 

 

例えば、ビジネスや何らかの商売、マーケティングでは

生理的欲求、安全欲求を意識させるような

文章を書いたりすると売れたりします。

これが広告ビジネスになったりします。

 

 

砂漠で水を売る、は超売れます。

なぜかというと

遭難していたら、命にかかわっているので

お金がかかるどうこうじゃないですよね。

極端な言えば1億円でも売れる訳です。

 

ビジネスをやるときは、

いかに砂漠を見つけるか、が肝になります。

 

 

③社会的欲求とは

安全欲求が満たされると社会的欲求が求められます。

集団に属したり、コミュニティに属したり、仲間が欲しくなったりする欲求です。

これが満たされないと、孤独感や社会的不安を感じます。

 

ビジネスではコミュニティに属することがとても大事です。

なぜなら社会的欲求を満たすからです。

人と関われて楽しいと言ったものです。

 

コミュニティに属さないビジネスは非常にもったいないです。

人間には社会的欲求があるので、コミュニティがうまく言っていると

何でも上手くいくことが多いのです。

 

 

④尊厳欲求とは

他社から認められたい、尊敬されたいという欲求です。

 

最初の下の3つは、あくまで外的な欲求でしたが、

(例えば食べたい、雨風しのぎたい、コミュニティに属したい等)

ここからは上、尊厳欲求、自己実現欲求は内的欲求になります。

自分の心を満たしたいという欲求です。

 

他者から認められたい、

尊敬されたいという欲求がなぜ4段階目に来ているのかは、

当然と言えば当然なんです。

 

社会的欲求というのはコミュニティに属したり、

仲間が欲しいということになりますが、

そうなると人間は欲張りなもので、

ひとつ上の段階の認められたいという欲求が出て来ます。

 

 

安全欲求が満たされていない場合では、

(例えば、ドメスティックバイオレンス、暴力をふるわれているというような状態)

尊厳欲求どころではありません。

安全欲求が最優先されます。

 

 

この仕組みを利用し、

尊厳欲求よりもまず安全欲求が満たされるものを

ビジネスにすると上手くいくと思います。

ビジネスでも生理的欲求、安全欲求を優先すると上手くいきます。

 

例えば

砂漠で水を無料で与える → 生理的欲求

めちゃくちゃ感謝されますよね。

 

家に仮にあげたとしたら → 安全欲求

めちゃくちゃ感謝される

 

ものすごくお腹がすいている人にパンを挙げたら、

めちゃくちゃ感謝される

 

ビジネスだけでなく、コニュニケーションでも、

恋愛でもこのように応用できます。

心理学とはこのようなものなんです。

 

 

⑤自己実現欲求

自分が掲げる目標を達成するという喜びを求めるものです。

成長したいという欲求です。

 

混同するのですが、

尊厳欲求は成長したい、ではありません。

尊厳欲求は、承認されたい、尊敬されたいという部分になります。

 

自己実現欲求はマズローの中で最大の欲求にあたります。

自己実現を達成すると、啓発活動をやりたくなったりします。

 

実は、

自己実現欲求に次の段階があります。

マズローは5段階と言われていますが、

 

もう1段階あるのです。

自己超越、という段階があります。

目的の遂行や目的だけを純粋に求める領域です。

見返りを求めず、エゴもなく、

ただただ目的のみに没頭する領域です。

 

例えば、

資格試験に受かりたい、

これは社会的欲求であり、尊厳の欲求であり、自己実現の欲求です。

資格が欲しいという見返りをもとめていますね。

 

自己超越という段階は、全く見返りを求めていません。

無償の愛のようなものです。

だからこそ、中々できるものではないので、マズローは自己実現のひとつ上に提示しているのです。

 

自己超越は6段階目となります。

 

まずは5段階目の自己実現までを目指してみてください。

 

自分が学びたいと学べば、尊厳の欲求はついてきます。

本当に勉強していれば、後からついてくるのです。

そして自己実現欲求となり、

超越していくということです。

 

 

LINE@登録はこちら

 

ネット物販コミュニティの情報や、ノウハウを限定配信しています。

お気軽に私の公式LINE@をご登録下さいね!



友だち追加

 

The following two tabs change content below.
田渕将俊
副業・独立支援コンサルタント。 ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。 ネット物販歴15年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。 副業を通して理想のライフスタイルを実現させる《MiRISEインターネットビジネスコミュニティ講師》

関連記事

  1. 成功者1%の目標の立て方
  2. ネットビジネス仕組み化・外注化 無在庫転売・物販ビジネスにおける仕組み化・外注化の重要性
  3. 外注化 物販は自分でやるな!外注化のやり方
  4. 行動至上主義 【成功者の思考】いくら頭が良くても、行動至上主義にならないと成功…
  5. なぜ年収300万円の人達は変化を恐れて安定を求めるのか。
  6. オファー ビジネスでも恋愛でも使えるオファーの仕方について
  7. 今の生き方を選んだのはあなた。
  8. 初心者はなぜ物販、転売ビジネスをやるべきなのか。

アーカイブ

PROFILE


【副業・独立支援コンサルタント】


ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。ネット物販歴15年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。現在は副業で稼ぎたい方や脱サラ、独立起業したい方向けにコンサルも行っています。

 

詳しいプロフィールはこちら >>

 

 

 

ブログをメールで購読

ブログ更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP