不動産投資

不動産投資では変動金利と固定金利、どちらがいい??

不動産投資における固定金利と変動金利

こんにちは!田渕です。

本日は、

『変動金利と固定金利』
どちらがいいのかについてお伝えしてきます。

 

合わせて、
リフォームローンについても触れていこうと思います。

 

リフォームローンに関しては、知識を身につけていれば、
自分が不動産を持つ時、もしくは持った時に、
うまく使えば資金のキャッシュフローも有利になります。

 

変動金利と固定金利

 

まず金利というのは、一度上昇すると
あっという間に上がってしまう場合があります。

 

上がる時は一気に上がってしまいます。

 

世界の例だとギリシャやポルトガルやスペインなど
金融危機が訪れるまで金利が低かったです。

 

しかし、金融危機が訪れると一気に上昇してしまいます。

この上昇に対応できるかが重要です。

 

金利が数%でも上がると自分のキャッシュフローが厳しくなる場合は、
金利の固定化も検討してみるといいです。

 

特に借り入れが多い方は固定金利にすると安心できます。

 

逆に、

キャッシュを持っており借り入れが少ない方は
金利の急上昇に関しても預貯金や流動資産を
たくさん保有してる場合は変動金利で問題ないと思います。

 

変動金利の場合は固定金利より
元々の金利が低く設定されています。

 

だからこそ、対応できる場合は金利が低い方がいいです。

 

よって、預貯金などを考えて大丈夫な場合は
流動金利のままで問題ないと思います。

 

これらは融資を受ける際の返済方法として
決めなければならない部分です。

変動金利と固定金利

リフォームローン

リフォームローンとはカード会社が行っていたりする
リフォーム・リノベーションなど傷んでしまった家を
直す為のローンになります。

 

これから収益不動産を増やしていく場合は
出来るだけ手元の自己資金は次の物件取得の為に貯めておきたいところです。

 

そこでリフォームにお金を使ってしまうと
手元のお金がなくなり、次の物件取得の為に
またここで借り入れをしなければならなくなります。

 

やはり自分の手元に残っていた方が
維持管理や何かあった時に対応できます。

 

そういった点で、
リフォームローンを活用するのも1つの方法になります。

 

カード会社のリフォームローンの特徴として、
それぞれのクレジット会社が分割形式で提供しています。

 

返済期間は半年から10年、
会社によっては15年などあります。

 

リフォームで300万円や1千万円使っても
15年返済の場合の月々の痛手はかなり少ないです。

 

返済方法は元利均等返済で金利は固定です。

 

繰上げ返済も可能の場合もあり、
繰上げ手数料も無料で事務手数料だけで済む場合もあります。

 

担保は1千万円まで不要だったり、
審査にかかる日数が銀行より早い事もあります。

 

申込みの際の書類は300万から500万程度なら
ローンの申込み書のみで出来たりするので便利です。

 

では実際リフォームにどれぐらいのお金がかかるのか気になると思います。

 

例えば、
マンション1室の壁を全部剥がし、鉄筋コンクリートの表面を出し、
配管からやり直すスケルトンリフォームをすると平米数にもよりますが、
1Kだと200万から500万円程度かかります。

 

築古の物件でもリフォームをすると
100万から200万かかったりもします。

 

こういったところに手元の資金を出すのが嫌な場合は
ぜひリフォームローンを活用してみてください。

 

ただ1つ、難点があるので注意してください。

 

それは、クレジット会社が提携しているリフォーム業者でないと
使えないパターンが多いという事です。

 

難点といえど、
ちゃんとした会社じゃないとクレジット会社と提携できないので、
そのリフォーム会社は信頼されていると考える事も出来ます。

 

初めて工事を依頼する場合はそのリフォーム会社が
いい業者なのかタチの悪い業者なのか判断できないと思います。

 

工事中に立ち会って配管などを見ればわかりますが、
表面などパッと見ても何もわかりません。

 

なので提携されているところなら
ある程度信頼されていると判断できます。

 

不動産業者さんと仲介業者さんが知ってる
リフォーム会社さんを紹介してもらうのも方法です。

 

という事で、変動金利と固定金利、
リフォームローンについてお伝えしてきました。

 

金利については必ず悩むところなので
自分の資産がどれぐらいあるのかを念頭に置いて
判断して頂ければと思います。

 

 

LINE@登録はこちら

 

 
もしあなたが、

 
・もっと具体的な話や最新情報を知りたい。
 
・不動産投資コミュニティに興味がある。
 
・自己資金が少ないけど、不動産投資を始めたい。
 
・自分の年収だといくらくらいの融資を受けられるのか?
 
・どんな物件を買えば良いのか?

 
 
などの疑問を持っていれば、下記私のLINE@にご登録の上、
 
「不動産特典」とご連絡下さい。
 
 

不動産投資歴10年、資産5億、家賃年収4000万円を得ている先生の
 
特典動画を限定でプレゼントさせて頂きます。
 
 
 
 

田渕将俊公式LINE@を友達追加下さい。
副業・ネットビジネスに関する有益情報配信中!

友だち追加数

 

The following two tabs change content below.
田渕将俊
副業・独立支援コンサルタント。 ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。 ネット物販歴15年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。 副業を通して理想のライフスタイルを実現させる《MiRISEインターネットビジネスコミュニティ講師》

関連記事

  1. 不動産投資の基礎知識 知っておきたい不動産の基礎知識 – 所有権と借地権 …
  2. 不動産投資における銀行からの評価 銀行は不動産評価をどのようにしているの?
  3. 不動産投資のリスク 不動産投資の金利上昇リスク 、流動性リスク 、災害リスク
  4. 区分マンション不動産投資のデメリット 区分マンション投資のデメリットとは??
  5. 不動産投資ではいきなりの電話セールスに有料物件なし 不動産投資しませんか?いきなりの電話セールスに優良物件なし
  6. 不動産投資の儲け方 不動産投資での儲け方とは??
  7. 実際に起こりうるリスクと対処法(空室リスク/家賃滞納リスク) 不動産投資で実際に起こりうるリスクと対処法
  8. 不動産投資 1棟物マンション投資のメリット・デメリット – 新築…

アーカイブ

PROFILE


【副業・独立支援コンサルタント】


ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。ネット物販歴15年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。現在は副業で稼ぎたい方や脱サラ、独立起業したい方向けにコンサルも行っています。

 

詳しいプロフィールはこちら >>

 

 

 

ブログをメールで購読

ブログ更新をメールで受信できます。

3,753人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP