バイマ無在庫転売

無在庫転売で絶対に出品してはいけない。偽ブランド品の見分け方

こんにちは、田渕です!

今回は、

無在庫転売で絶対にやってはいけない「偽ブランド品」の見分け方

について教えます。

※偽ブランド品の売買は犯罪になります。

絶対にやらないようにして下さい。

 

 

アマゾンで売られている偽ブランド品の見分け方

ヤフオクを実際に見ていると、知ってか知らずか、

偽物のブランド品を無在庫転売で出品している出品者がいたので、

そちらを例に紹介して行きます。

 

この方が過去に出品していたもので、
実際に売れていた商品をaucfanで調べてみると、
偽のブランド品がずらっと並んでいます。

 

偽ブランド品の見分けは、「価格を見る」

まず、明らかに出品している価格が安いです。

amazonにあるこのバレンシアガのパーカー

偽ブランドの見分け方
こちらは9,270円で出品されていますが、本来であれば約10万円の商品です。

同じ商品、新品の状態なのに、正規の値段から10倍も値段に差があるのは、

明らかにおかしいです。

 

偽物の商品というのは素材も粗悪ですし、プリントも雑、

また、サイズ感も違っていたりします。

 

あまりブランド品に詳しくなく、

無在庫転売も始めたばかりというような時に、

リサーチして売れていると思って真似て出品してしまうと、

最悪の場合通報が来てしまう可能性もあります。

 

偽ブランド品の出品だけは絶対にダメです。

ブランド品で売れているものがあったとしても、

・明らかに定価と比べて安過ぎるものがamazonにある。
・「ノーブランド品」と書いてある
(偽物の場合、amazonではブランド品としての扱いになりません)

 

これをヤフオクにこのまま出品してしまうとブランド扱いとなってしまい、
違法行為になります。

自分の身は自分で守れるようにして行きましょう。

 

ブランド品、特にハイブランド品の無在庫転売というのは危険が多いです。

ですので、基本的にはノーブランド品のみを出品するようにして下さい。

 

今回は重要なお話をさせて頂きました。

それでは、また!

 

 

LINE公式アカウント登録はこちら

 

田渕将俊LINE公式アカウントを友達追加下さい。

副業・ネットビジネスに関する有益情報配信中!

友だち追加

 

LINE公式アカウント登録特典

★特典①★

これだけは知っておきたい!『ネット物販で稼ぐための心得』(PDF28ページ)

★特典②★
『30歳貯金50万円の状態から、ネット物販ビジネスでどうやって月収200万円を突破するようになったのか。』(動画)

★特典③★
年収1000万円稼ぐまでは絶対守るべきビジネスの基本(動画)

★特典④★
初期資金がない方が、即金で5-10万円稼ぐ方法

★特典⑤★
ネットビジネス成功の極意 (限定公開動画集)

★特典⑥★
メルカリ・ヤフオクを使って、1点で1万円以上の利益を得るリサーチ手法
(この動画は全体公開は勿体ないと反響が大きく、
LINE@限定の特典動画に変更しました。)

 
 
 

The following two tabs change content below.
田渕将俊
副業・独立支援コンサルタント。 ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。 ネット物販歴15年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。 副業を通して理想のライフスタイルを実現させる《MiRISEインターネットビジネスコミュニティ講師》

関連記事

  1. [確定申告]転売の在庫に税金はかかるの? [確定申告]転売の在庫に税金はかかるの?
  2. レバレッジ思考を取り入れて、転売の利益を最大化しよう! レバレッジ思考を取り入れて、転売の利益を最大化しよう!
  3. 年間イベントに合わせたトレンド商品をリサーチしよう!
  4. ブランド品転売の出品作業ルーティン紹介
  5. 【メルカリ・ヤフオク・モバオク・フリル・ラクマ】転売を比較してみました。 【メルカリ・ヤフオク・モバオク・フリル・ラクマ】転売を比較してみ…
  6. 外注化 物販は自分でやるな!外注化のやり方
  7. 古物法の一部改正について 【ブランド品転売】古物法の一部改正について
  8. ブランド品転売で扱うべき商材ジャンルは何? ブランド品転売で扱うべき商材ジャンルは何?

アーカイブ

PROFILE

田渕将俊


【ブランド品物販コンサルタント】


ブラック企業勤めから抜け出し、自分らしい生活を送るために脱サラ。ネット物販歴18年の経験を活かし、1年目で年商2000万円を達成。現在は副業で稼ぎたい方や脱サラ、独立起業したい方向けにコンサルも行っています。

 

詳しいプロフィールはこちら >>

 

 

 

LINE公式アカウント田渕将俊

フォローする

ブログをメールで購読

ブログ更新をメールで受信できます。

PAGE TOP